fc2ブログ
 誤った遠近法
2009年09月09日 (水) | 編集 |
この間購入しただまし絵の本の中のウィリアム・ホガースという人の
「誤った遠近法」をよく見ています。
タイトル通り遠近感がおかしい絵のです。

手前の建物から伸びている看板が遠くの山の木の後ろになっていたり、
大きさの比較が変だったり、上から見ているものもあれば
下から見上げている構図になっていたりとどこが変なのか探すのが楽しいです。

その絵の間違いがそのまま自分にも当てはまるんですけどね!

これはこれで面白い絵だと思うのですがそれはきっと
ちゃんと遠近法を描ける人があえて間違ったものを描いたからからでしょうね。
恵麻のように遠近法ができていないのにもかかわらず
これはこれで面白いからいいと思いこもうとしているのはただの逃避です。

スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック